ふくらはぎに血管が浮き出るのは下肢静脈瘤

ふくらはぎに血管がはっきりと目に見えて浮き上がってくることがあります。
これは下肢静脈瘤という症状です。

身体には静脈と動脈、二種類の血管が全身の隅々まで通っていますが、その役割として動脈は肺から取り入れた酸素を含んだ赤血球を身体の細胞に運び、静脈は酸素を運び終わった赤血球をまた肺まで運びますが、もちろん足にも動脈と静脈が通っています。

動脈で足先に血流が行くときは重力を利用して流れていくのですが、足先から血が戻ってくるときは、筋肉の収縮を利用して血流を起こし、肺まで血液を流していきます。
重力のせいで逆流しないように、脚の静脈には弁がついています。

これを静脈弁と言いますが、長時間の立ち仕事や運動不足のせいで血が足に溜まってくると静脈弁に負担がかかっていきます。
そして、ある限度を超すと静脈弁は壊れてしまい、血は足に溜まりっぱなしになってしまいます。
これが下肢静脈瘤です。

下肢静脈瘤にはいろいろな症状があり、軽症では単に浮き出ているのが目立つ程度ですが、症状が進むにつれて、足のだるさやむくみが出てきます。
更にかゆみや湿疹が出てきたり、皮膚の表面までぼこぼこと浮き出るようになってしまったり、色素が沈着してしまうものがあります。

重症になると出血や潰瘍まで引き起こします。
幸い、最近ではレーザーを使って静脈内を焼くことで血管を収縮させて、静脈瘤を無くす最新の医療が始まっています。
この手術は日帰りで行えるので負担が少ないです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ