ふくらはぎボトックスは、直接注射することで筋肉が発達して太くなった脚でも細くすることができます

ふくらはぎボトックスは、直接注射することで、筋肉の収縮力を抑えることができます。
使われなくなった筋肉が少しずつ萎縮することで筋肉が小さくなり、脚が細くなります。

スポーツにより筋肉が発達して太くなった脚は、エクササイズや食事制限では、なかなか細くならないため、注射をすることで、効果が実感できる施術です。
ボトックス注射は、ふくらはぎの内側に4から6か所くらいに注入します。

効果が出るまで少し時間がかかり、約1か月から2か月くらいで効果が現れ、脚が細くなったのを実感できます。
また、1回だけの注射だと日常の歩行や運動で完全に元に戻ってしまいます。

完全に元にもどらないようにするためには、必ず、数か月に一度、繰り返し注射をする必要があります。
繰り返し注射をすることで、細い脚を継続的に保てます。

施術時間は5分から10分程度なので、簡単に受けることができ、治療後は、施術直後から日常生活を送ることが可能です。
内出血を防ぐため、あまり熱くないシャワーやお風呂であれば入浴することも許可してもらえます。

痛みもわずかで傷も残らないので安心ですが、ただし、ふくらはぎを使う運動を頻繁に行うと効果が長持ちしませんので、そういった運動は極力控えるようにして下さい。
何をしても脚が細くならないのであれば、筋肉が原因と考えられますので、気になる場合は、美容整形外科などを受診してカウンセリングを受けることをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ