ふくらはぎがだるい時はマッサージ

第2の心臓と言われているふくらはぎがだるい時にはマッサージをして解消できます。
まずは、下から上にマッサージをし、かなり強めにマッサージをします。
つぎに膝の裏側のリンパが集まっているところを押し、少しやわらかくなったら、膝の裏も下から上にリンパが流れるように押し、最後に回して押します。

三番目に承山というツボを刺激します。
このツボはアキレス腱がふくらはぎに変わるところにあり、アキレス腱を下から触っていくと指がこむらの山に突き当たり、止まるところです。
押すと痛みがあります。

このツボは足の疲れを取るツボですから、ゆっくり念入りに押します。
立ちっぱなしで足がむくんだ時にもちょっと押しただけで楽になる良いツボです。
四番目に、三陰交というツボを指圧する方法です。
ここは内くるぶしから指4本ほど上にあり、むくみや冷えに良く効くツボです。

女性の三里とも呼ばれ、女性の不調にも良いツボで、胃腸障害にも良いとも言われています。
痛みがある人も多いですがゆっくり行いましょう。
五番目に、命の源のツボと言われる湧泉を押します。

5本の足の指を内側に曲げるとくぼみが現れ、への字型にくぼんだところが湧泉です。
数あるツボの中でももっとも大切なツボの一つで、体調を整え、体力を取り戻すツボです。
もみほぐすように親指でしっかり押すようにし、足が疲れ、ふくらはぎがだるい時には今挙げたツボを中心にマッサージをすれば、疲れを解消できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ