ふくらはぎが太い為にブーツが入らなくなっていませんか

一時的にでも慢性的にでもふくらはぎが太くなってブーツが入らなくなった事がある女性は多いです。
太いからと言って直ぐに太った、脂肪がついたから痩せないとと思う女性も多くいます。

しかし、中には太っているわけではなく血行の流れが悪くなってしまった結果、重力や姿勢の関係でふくらはぎが慢性的にも一時的にも太くなってしまう事が多くあります。

解決方法として新陳代謝を上げて血流を良くする必要があり、その為、食事や飲み物にはなるべく体を温める効果のある物を飲食します。
暖かい物ではなく暖かくなるものです。
良く間違えてしまうのが暖かい飲み物としてカフェインを摂取してしまう事です。

カフェインは温度が高くても体の熱を冷ましてしまう為、太くなってしまうふくらはぎの改善を阻害してしまいます。
ショウガ等の体の芯を温める物を良く食事にしようして、入浴時には20分以上湯船に浸かります。

浸かることで血の巡りも良くなりますが、ここでもうひと押し、足の付け根から股関節までにかけて余り力を入れないでマッサージしてください。
順番は下から上にかけてです。
そうすることでより血流の流れも良くなり、老廃物も排出しやすくなります。

そして寝るときには足を高くして寝ます。
その3つを気を付けて行うだけで、足がが太くなってブーツが履けなくなってしまうという問題はなくなり、夕方になると脚がパンパンになってブーツがきつくなってしまうという事もありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ