硬いふくらはぎを卒業し健康を取り戻しましょう

足は第2の心臓とよばれるほど体の中で大切な部分です。
健康な人の足は適度な硬さやハリや弾力を持ち、それらは健康な証となります。
この健やかさを保つ方法としてはとにかく血液やリンパの流れを健やかに保ち続けることに尽きます。

それにはふくらはぎの筋肉をしっかりと丹念に揉みほぐすことで流れがスムーズになり、それが全身に渡って各機能がきちんと動くようになり健康回復への力となります。
健康を損ねている方のふくらはぎは硬い、むくみがある、中に芯のようなしこりがある、冷えているなど全身の状態がこの部分にもしっかりと現れます。

硬さがあるだけでも良くない状態であることは理解できますので、ストレッチや運動などでほぐしていきましょう。
この時始めたばかりのときは誰でも多かれ少なかれ痛みを感じます。

これは硬ければ硬いほど大きくなります。
ですが痛いほど良いというわけではありません。
無理をすると皮膚や筋肉の組織を破壊しかねませんので、このように逆効果にならない程度の力を使ってください。

ご自分や家族の方に施すマッサージは、少し痛みがあるけど気持ち良さもあるくらいで十分です。
そして硬いふくらはぎは筋肉の老化も意味し、年齢を重ねても健康であるために衰えさせないようにしなければなりません。

下半身に負担がかかる人の体は、この部分を鍛えてこそ健やかな生活を送ることができるのです。
今まで疎かにしていたあなたも意識を変えて取り組んでみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ