ふくらはぎに起こる痛みと病気の関係

最近ふくらはぎに違和感や痛みを感じることはありませんでしょうか。
これには重大な病気が潜んでいる可能性があり、体に何らかの異常が起こっていることを知らせるサインの一つかもしれません。

特に散歩を行う、激しい運動を行ってもいないのに外側や内側などが痛むような場合がありますが、一晩眠るなどをして体を休息させると消えることも多いです。

しかし、それが何度も繰り返して起こる、突然足にだるさや冷えなどを感じた場合には病気のサインかもしれないので、早急に医療機関での受診をお勧めします。
また、最近怪我をした覚えがないのに、ふくらはぎの痛みを感じた場合にも注意する必要があると言えます。

これらの症状を始めとする諸症状についてですが、肝硬変やリンパ管の異常、動脈硬化、血管などの流れが悪化していることが主に挙げられます。
その他に長時間車の中で同じ体勢をしていると血液の流れが悪くなり、そこから血栓ができてしまう”エコノミークラス症候群”のようなことが起きている可能性があります。

もし血栓ができてしまうと、ふくらはぎや足全体に痛みが出る、皮膚の色の変色やむくみを引き起こす原因にもなります。
これらの予防法としては毎日の生活習慣を見直すことです。

例えば脂物の食事が多い方は野菜を毎日最低1食とる、運動をしていない方は散歩でも構いませんので体を動かすという習慣を身につけることが大切です。
生活習慣を見直すことで多くのことは予防、改善できますので繰り返し行えるように自分のノルマを決めてみてはどうでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ふくらはぎ

このページの先頭へ