重力に負けない簡単なマッサージ方法があります。バストケアはこまめに行うことが大切です

女性は大きな胸で悩む人もいれば小さな胸で悩む人もいるなど様々ですが、年齢と共に重力には逆らえず、フェイスラインも含めて垂れてくるという悩みを持つ人は大勢います。
リフトアップだけでなく、胸も上向きでハリがあるのとないのとでは印象が違うので、バストケアも大事なポイントとなってきます。

エステサロンでも施術を行っているところはありますが、自分でマッサージをしてケアをすることも可能です。バストを支えている筋膜が衰えてくることが原因で、20代半ばを過ぎると下がり始めます。柔らかいバストは軽いストレッチを行って適度な刺激を与え、マッサージでこまめにケアをしてあげることが大切です。

まずは両方の手の平を胸の前で拝むように合わせて、息を吐きながら10秒間ギュッと力を入れてくっつけるように押します。この動作を10回程度繰り返してください。
これはどこでも簡単にできるので、オフィスでも自宅でも気がついた時にやってみるとよいでしょう。

そしててのひら全体で胸の周りを包み込むようにすべらせながら右回り、左回りで5回から6回程度、両方の胸をマッサージしていきます。
そして、脇の下から余った贅肉を胸に引き寄せるようにして、バストの中央までさすります。

次に、胸の下の位置からバストの中央にすくい上げるようにし、最後は手を交互にして片手はバストを支えて片手は上に向かってリズミカルにマッサージをします。
どれもすべて左右5回から6回程度行いましょう。
手軽にできるので、こまめにバストケアを行うことをおすすめします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:バストケア

このページの先頭へ