骨盤の歪みによって起こるO脚は、自宅でも簡単に行える骨盤矯正のエクササイズによって改善出来る場合もあります

O脚は、少し歩くだけで膝や足首が痛くなったり、疲労感が出やすかったりと正常な脚の人よりも3~4倍も疲れやすいものです。
そもそもO脚とは、脚を揃えて真っ直ぐ立った際に両膝やふくらはぎに隙間が出来てしまう形で、これは90%以上にも上る日本人が該当するとも言われています。

この脚の形になる原因は骨盤の歪みによる場合がとても多く、合わない靴を履いたり脚を組んだり、日頃の運動不足による筋力の低下など色々な要因が挙げられます。ですからO脚を改善するためには、まずは骨盤の歪みを正常な位置へと戻す骨盤矯正をすることが重要になります。

こうした脚の形は日常的な癖や習慣が積み重なり起こったことなので、ちょっとしたエクササイズを毎日行い、骨盤の位置を矯正させることは可能です。

その方法を紹介すると、まずは体育座りをした状態で、膝の間に握りこぶし1つ分の隙間を作ります。次に右手は右膝、左手は左膝へと手を置き、それぞれ外側から膝を付けるように押します。手を付けて押し付けている際には、その力に抵抗して膝の隙間をくっ付けないよう5秒間保って下さい。

このエクササイズは、1通りの流れを合計10セット繰り返し行うようにしましょう。
自宅で簡単に出来る運動で、テレビを見ている時や寝る前などちょっとした時間に行える手軽なエクササイズなので、まずは一度試してみることをお勧めします。
こういった骨盤矯正を続けてO脚改善をし、美脚を手に入れましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:O脚

このページの先頭へ