O脚の原因となる内転筋の衰え

O脚とはいわゆるがに股のことで、立ったときに両側の脚が外側に凸型に変形してしまったもので、両膝の間がひらき、アルファベットのO(オー)の形に見えることからそう呼ばれます。

そう呼ぶのは両側が変形している場合で、片側だけ湾曲している場合は内反膝といいます。
ほとんどの子どもは、2歳くらいまでは軽くがに股ですが、成長とともに次第に改善され、3歳くらいからはむしろX脚になります。

それなのに、日本人の8割から9割はO脚だと言われています。
実は、そのほとんどは先天性のものではなく、悪い生活習慣が積み重なってなってしまったことに寄るものです。

矯正するためには、まずは姿勢や生活習慣から直していかなくてはいけませんが、長い時間をかけてなったものを直すのですから、一朝一夕というわけにはいきません。
しかし、そのまま歩き続けると膝に負担がかかり、膝関節疾患の原因となってしまいますので、できる範囲で矯正していく必要があります。

O脚になってしまう大きな原因のひとつとして、内転筋が衰えてしまっていることが考えられます。
内転筋とは太ももの内側の筋肉で、足(大腿部)を内側に動かす働きをしています。
つまり、この筋肉が弱くなってしまうことで、脚が外側に開いてしまうのです。

矯正のためにも、意識して鍛えていくことが重要な部位となります。
鍛えるためにはまず、座ったときに足を広げないことです。
意識して膝と膝をくっつけて座ることで、内転筋を鍛えることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:O脚

このページの先頭へ