O脚は、普段の立ち方や歩き方からくる骨盤のゆがみが原因です

女性の悩みの原因の一つに、O脚があります。
これは、直立に立った時に両方の足の内側がぴったりくっつかずすき間ができている状態の事で、見た目がアルファベットのOに見える為にそう呼ばれています。

日本人の多くにみられ、特に女性は足を露出する機会が多い為、悩みの種となっています。
O脚になるのは、普段の立ち方や歩き方から来る骨盤のゆがみによるもので、普段の立ち方が、片方の足に重心をかけて立っていたり、足をクロスにして立っていたりする人は、この状態になりやすいです。

また、歩き方にも影響があり、がに股やモデル歩き、うち股で歩きぎみの方も危険です。
もしもなってしまった場合には、体にも影響をきたし、もともと骨盤のゆがみが影響しているので、冷え症や腰痛、便秘などにもなります。

これらもやはり、多くの女性が抱えている悩みです。
O脚の原因のほとんどが、普段の歩き方や姿勢が問題となります。
よって、根本的な原因を改善しましょう。

猫背にならずに背中をまっすぐにし、肩はつねに正面を向くように意識します。
足を出す時はクロスさせずに、かかとからしっかり降ろすようにします。
最初は慣れるまできついかもしれませんが、正しく歩く姿勢は全体的に綺麗に見えます。
そして、出来れば履いている靴も歩きやすいものが良いです。

ハイヒールは重心が崩れ、つま先に負担が掛かる為、さまざまな足の変形の元になります。
地面に接する面が多い、歩きやすい靴が一番好ましいです。
歩きやすい靴と正しい姿勢で、健康でキレイな体作りを目指しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:O脚

このページの先頭へ