赤ちゃんのO脚に隠れている病気を見過ごさないで

赤ちゃんというのはほとんどがO脚です。
骨がまだ柔らかいですし、ハイハイの時に変な癖がついてしまって曲がっているという子もいます。

しかも歩き始めた頃というのはほとんどの子がオムツをしていますから、股にオムツを挟んだ状態で歩いているのを見るとさらに足がO脚に見えます。
次第に赤ちゃんは成長し、二歳頃になるとほとんどの子はまっすぐな脚になります。

Oとは逆にX脚になるといわれる時期もありますが、やはりまだ二歳や三歳などは骨が柔らかいために、歩き方や癖で変形してしまうのは普通の事なのです。

その中でもほんの数パーセントの割合ですが、股関節の病気や栄養による脚のゆがみの病気の子がいますが、親は自分の子供の脚が曲がっているのを見て、そんなものだと軽く見過ごさずにしっかりと赤ちゃんの脚の状態を観察することが必要です。

当然自然に脚がまっすぐになっていく場合がほとんどなので、ほとんどの場合は心配する必要はないですが、その中には本当の病気の子もいるので、子育てをしている人達は自分達の子供は大丈夫だと安易に考えず、しっかり自分の子供の様子を観察し、少しでも不安があるならすぐに病院に行くのを忘れずにするべきでしょう。

病気自体も大事ですが、やはり一番大事なのは子供の様子を日頃からきちんと観察する事、そしてそれに少しでも様子がおかしいと感じたら、それに対応する冷静な判断が親には求められます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:O脚

このページの先頭へ