O脚の改善には姿勢の矯正と関節の柔軟性の回復が必要でヨガが最適です

O脚の原因には、成長期に適切な運動をしなかったり、姿勢が悪さが原因で股関節や足の関節にバランスの悪い荷重が加わってしまったことなどが考えられます。
足が曲がったまま成長が止まってしまうと、ジーンズなど足のラインが出やすい服装をした際に両足の間が開いてしまい見た目に美しくありません。

また男性であれば身長の面でも損をしますし、女性でも綺麗で真っ直ぐな長い足というのは憧れの対象になります。
O脚の改善には姿勢の矯正と関節の柔軟性の回復が必要です。

これらを両方共実現できる運動としてはヨガが向いています。
体全体のバランスを整えることに主眼が置かれているため、足だけでなく体全体の姿勢を整えて綺麗な立ち姿と閉じた両足が手に入ります。
特に効果的なポーズは、足を交差して屈伸するようなタイプのものになります。

足にバランスの良い筋肉をつけて関節の柔軟性を高めることが改善の近道ですので、ヨガ教室に通ったり、最近はインターネットの動画サイトなどでも気軽にさまざまなポーズを勉強できますので、自宅で空いた時間を見つけて無理をせずに少しずつ継続していけば確実に改善を期待できます。

どうしても短期間で性急に直そうとしがちですが、成長期が終わってしまった段階で固定された姿勢を矯正するためには、無理をせず、あせらずにある程度の時間をかけて少しずつ改善していく必要があります。

筋力のバランスを整えるのにはどうしても時間が必要ですので、なるべく綺麗な姿勢を維持するように普段から気をつけて、継続して姿勢を矯正するようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:O脚

このページの先頭へ