O脚に及ぼす影響と、筋肉との関係

O脚とは特に女性に見られる現象で、立った時に脚をそろえた場合、右脚と左脚の膝付近に隙間が発生している状態のことです。
この状態が長く続くと、人間の体にとって大きな負担が生じます。

例としては全身を支える土台の役割が不安定になることによる、膝や腰などの関節に対する慢性的な負担や、ゆがみによって血流が悪くなることによる、コリや冷え性、むくみなどが該当します。
こうしたO脚が起きる原因としては、日常生活における姿勢のゆがみがあります。

歩く、座る、寝転ぶ、などの日常の動作の中で、偏った姿勢ばかりを取り続けると、骨や関節、筋肉にも余計な力がかかり、段々とゆがんでいくことになります。
そうなると、その状態を支えようと周辺の筋肉がゆがんだ状態のまま発達してしまい、ゆがみが常態化することになります。

O脚の場合は、サイズやヒールの高さが合わないハイヒールの使い過ぎや猫背、外反母趾などによって、骨盤から脚部分に至る広い範囲でのゆがみが起こりやすく、やがて症状が発生することになります。

加えて、もともとすねの付近の骨は、体重を支えられるような構造になっておらず、脚全体の支えを周辺の筋肉に頼りやすいという面も、ゆがみを持った状態が固定されやすく症状を引き起こしやすい理由となっています。

したがって、症状を緩和させるには、立った状態で体の重心が両足の真中寄りになる様な筋力の使い方をする必要があります。
しかしながらこうしたトレーニングは自力で行うことが難しいため、専門医に診断を仰ぐ方が無難とされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:O脚

このページの先頭へ