日本人にO脚の人が多いといわれている理由

日本人の女性の8割から9割にO脚など脚に歪みがあるといわれているのをご存じですか。
その理由として「生活の中に正座をする文化があるから」という話をよく耳にするのですが、それは違います。

その証明として、現在よりも昔の人の方が正座をする機会が多かったのですが、実は昔の人よりも現在の若者の方がO脚の人が多いという事実もあります。
また現在においても、正座をする時間が長い茶道や華道をする人に脚の歪みがある人が多いのかというと、そういうわけでもありません。

もちろん遺伝などが原因というわけでもないのです。
それでは、日本人に脚の歪みが多い一番の原因は何でしょう。
それは姿勢が悪く背骨が曲がっている人が多いということです。
正しい生活習慣が送れていなくて、姿勢が悪い人にこそ、脚の歪みがある人が多いのでした。

生活の中でソファーなど柔らかい場所に座り、背骨が曲がった状態で楽に過ごす時間が長くなってしまったり、斜めになった座り方を長時間保ったままでゲームやDVD鑑賞を続けているといった生活を送っていると、骨盤が歪み脚のラインも歪んでいく可能性が高いということなのです。

ですから脚の歪みを直すためには、日ごろから正しい姿勢でいることを心がけるだけで良いのです。
さすがに長時間背筋を伸ばした正しい姿勢でい続けることは大変ですが、良い姿勢でいることを頭の片隅で意識しているだけでも、姿勢は自然と良くなってきます。

その他にはカルシウムが不足することなどもO脚の原因となってしまいますので、日ごろから正しい食生活を送ることも大切です。
姿勢や食生活など、健康的な生活を送っていくための基本をおさえておくだけでも、脚の歪みは改善されていくのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:O脚

このページの先頭へ