O脚の直し方としては、まず原因を把握し日常生活の行動を改善します

足を揃え真っ直ぐに立ったとき、太腿やふくらはぎあたりに隙間ができてしまう場合はO脚です。
あまり見た目が綺麗ではないため、直したいと考えている人は多くいます。
O脚になってしまう原因はさまざまですが、歩き方、寝る時の格好によっても起こりえます。

矯正をした後に再び戻ってしまわないように、まず原因を知っておくことが大切で、片足に体重を乗せた状態で立ったり、内股やがに股で歩くのは良くありません。

常に骨盤のあたりを意識して、お尻は引き締めるようにして両足でバランス良く立ち、眠るときはうつ伏せや膝を立てるのは控え、仰向けでリラックスしながら眠りに入れるようにします。

椅子に座るときは足を組まずに座り、あぐらをかくのも骨盤に悪影響を及ぼします。
背筋は意識して伸ばし、やや深めに座ることが大事でしょう。
日常生活の各シーンでは楽な姿勢を取ってしまうものですが、このようにひとつひとつの行動を少しずつ気を付けていくだけでも、矯正の効果はあります。

さらに矯正をしていくためには、O脚解消のための簡単なエクササイズをすることです。
自宅でも簡単にできる直し方があります。
脚の内側に筋肉をつけるのが矯正に良いため、スクワットが手軽な方法です。

両足は少し開いて立ち、タオルやクッションを太腿に挟んでおくと足の内側をさらに意識することができます。
ポイントはゆっくりと行うことで、スピードよりも、しっかり膝を曲げて身体を沈ませることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:O脚

このページの先頭へ