体脂肪計付ヘルスメーターは、近年家庭用機器として主流になってきています

体脂肪計は、少し前までは両手で持って腕を伸ばして計測するタイプの機器が多く販売され、家庭でも手軽に測れると人気の商品でしたが、最近はヘルスメーターで一緒に体重を計りながら、体脂肪も計れるという機器が主流になってきています。

特に家庭用としては注目されており、このタイプは日本の株式会社タニタが世界で初めて開発したことでも有名になりました。もともとは体重計などの計測器メーカーですが、最近は社員食堂のメニューが注目され、東京の丸の内にはお店もオープンし、関連商品も多数販売されているので知名度の高い会社です。

この会社が販売している体脂肪計付ヘルスメーターで人気の商品はBF-047というタイプで、6歳の子供から大人まで肥満判定ができます。
6人まで登録でき、ゲストモードもあるので大家族にも人気の商品で、家族の健康管理に最適です。

体型判定指数のBMI判定も付いているので、自身の体型判定も簡単に行え、重力の影響を解消できる地域設定機能もついています。
大手ネットショップの楽天市場ではダントツ人気の商品で、価格も3,065円と手頃な値段で販売されています。

この商品は家電製品を取り扱っているお店でも販売されていますが、最近はネットショップも普及しているため、健康に関するショップや大手ネットショップで手軽に購入ができます。体重と体脂肪を両方計測できるこの機器は、自分と大切な家族の健康管理ができるので、一家に一台あると便利な製品です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ