水泳は全身を使った有酸素運動なので、体脂肪を燃焼してダイエット効果があります

肌の露出が多い服を着ようと試すと、それまで気がつかなかった二の腕やお腹周りのぷよぷよとした脂肪が気になりだす女性がたくさんいます。女性は体質的に皮下脂肪が付きやすいので、油断をするとすぐに脂肪が溜まります。また男性でも、お腹がポッコリと出ている人は内臓脂肪が蓄積している可能性があります。

体脂肪を燃やすにはジョギングなどの有酸素運動が効果的と言われていますが、中でもダイエット効果や脂肪燃焼効果も期待できるお勧めの運動が水泳です。

なぜ効果があるのかというと、このスポーツは全身を使った有酸素運動だからで、水の抵抗がある中で全身を使って泳ぐので、キック力は筋力につながりますし、クロールであれば肩甲骨周りや腕の筋力アップ、平泳ぎは胸筋とお尻の筋肉など全身をもれなく鍛えることができます。

筋力がアップすれば基礎代謝も上がり、脂肪が燃えやすくなり、消費カロリーも増えてくるので体重減少につながります。
水中には浮力があるので、運動が苦手な方でも、膝や腰に負担をかけることなくエクササイズができます。

また、水圧がかかっているので呼吸が深くなり、体幹を支えている腹横筋などの呼吸筋を効率よく鍛える事ができてお腹痩せにも効果が見られます。

また、プールの平均水温は30度前後のところが多く体温よりも低いので、失った熱を保とうとエネルギーを消費するようになり、代謝が高まり痩せやすい体へと導いてくれます。
泳法によって負荷のかかる部分が違うので、上手に組み合わせて水泳を楽しみ体脂肪を燃やしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ