体脂肪計の精度を上げるコツ

最近は、女性がスタイルを気にしての事だけに止まらず、健康志向やメタボ対策への意識の高まりから、体脂肪計を一般家庭で使うのが珍しい事ではなくなってきました。
しかし、体脂肪率が気になる余りに一日に何度も測ると、その度に数字が全然違うので市販の体脂肪計は精度が悪いと思った事はありませんか。

実は測り方にはコツがあり、それを知らないと毎回まちまちの数字を表示させる事になってしまうのです。体脂肪計は直に体脂肪の量を測るのではなく、脂肪や筋肉・水分・骨等の性質を利用して測る仕組みになっています。微弱の電流を流した時、脂肪組織は電気を通しませんが筋肉・水分・骨は電流を通します。

それらの量を測定し、電流が通った量から脂肪の割合を導き出すという算出の仕方なのです。つまり、筋肉や水分の量の変化で体脂肪率もその度に変わってしまうので、そこに注意が必要となります。具体的には、運動や入浴・飲食の後や、冷房や寒い場所に長い間居る事で体が冷えてしまった時等は測定を避けるべきでしょう。

一番のポイントは、測定する時点での体の状態を常に同じくするという事なので、自分の生活スタイルに合わせてどのタイミングが一日の中で一番安定して同じ条件かを考えるのが大切です。市販の体脂肪計では割合を大雑把に割り出すまでなので、精密・正確な数値は出す事は出来ません。

しかしながら、正しい測り方で継続して測定する事で数値の増減が分かるので、ダイエットが成功しているか否かの傾向が見られるのは意義のある事です。
モチベーション維持に役立つので、上手く利用してダイエットの成功に繋げていきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ