体脂肪燃焼には、有酸素運動と効果的な食材を組み合わせることをお勧めします

体脂肪は、皮膚の下にある皮下脂肪と、内臓周辺の体の奥深い所にある内臓脂肪の二つに分類されます。皮下脂肪はプロポーションを崩すだけでなく、付着しすぎると内臓を圧迫する等の悪影響があり、内臓脂肪は血液中の脂質濃度を高め、血糖を下げる働きをするインスリンの働きを悪くする他、血圧を上げる物質が発生します。

糖尿病や高血圧等の生活習慣病を引き起こす元凶なので、予防はもちろん、既に付いてしまっている場合は早急に改善しなくてはなりません。
体脂肪を減らすには、酸素を十分に体に取り入れることで血液中の酸素量を増やし、効率よく燃焼させる有酸素運動が最も良いと言われています。

代表的なものには散歩やジョギング等がありますが、短い時間では効果が得られないので、必ず20分以上行いましょう。
タイミングは空腹時がベストで、胃に食べ物が入っていない状態で運動を行うことにより、体が本来持っている脂肪をエネルギーに代替えする仕組みを利用します。

それと組み合わせて、脂肪燃焼を促す食べ物を摂取すると良いでしょう。
エネルギー代謝を活性化するカプサイシンを含む唐辛子や、ジンゲロンが含まれる生姜、たんぱく質・脂質・糖質の代謝を促進させるヨウ素が多い海藻類がこれに当たり、脂肪分解酵素の働きを助けるカフェイン入りの飲み物を合わせると更に効果的です。

普段から食べ過ぎを防ぎ、不規則な食生活は避け、満腹中枢が十分に働くようゆっくり噛んで食べる等で体脂肪が付かない生活を心掛けるのが大事です。
また、こまめに体を動かす意識をして、健康的に燃焼させる工夫をしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ