体脂肪率が5%の体を作るには、ウェイトトレーニングと有酸素運動を同時に行います

アスリートやボディビルダーのような美しい肉体は、日々の食事やトレーニング、休養を徹底的に管理することによって作られています。
その徹底的に管理されて作られた体は、一般の人も驚くほどの無駄の無さで、体脂肪率は10%を切っています。

アスリートやボディビルダーは体を作ることが仕事なので、このような肉体を作り上げるのは当然なのですが、一般の人でも体脂肪が10%を切る体を作ることはできます。
その方法は、先程も述べたように食事、トレーニング、休養を意識して行うことです。
まず食事は、高タンパク、低脂肪、低カロリーの食材を日常的に摂取します。

そして、一度にたくさんの量を食べるのではなく、食べる量を何度か小分けにして食事の回数を増やす点が大切です。
これは、体がエネルギー不足にならないようにするためです。
筋肉は、エネルギーが不足すると自らを破壊してエネルギーになります。

そのような状態に陥ると、苦労して作り上げた筋肉が壊れてしまうのです。
もし、食事の量を増やすのが難しいのであれば、間食にプロテインなどのサプリメントを摂取すると、無理なく栄養補給ができます。
また、良い体調を維持するためにも、ビタミンやミネラルも意識して摂取することも重要です。

さらに、体脂肪率が5%の体を作るには、ウェイトトレーニングと有酸素運動を同時に行います。
このトレーニング方法はとてもハードですが、効率良く体を作ることができます。

そして、トレーニングを行ったら必ず休養を入れますが、休養は筋肉を回復させるためにとても必要な時間です。
このように、食事、トレーニング、休養を意識して行うことで、理想の体を手に入れることは可能なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ