長友選手に代表するアスリートの体脂肪

長友選手は海外の強豪チームに所属して、日本代表で活躍するサッカー選手です。
彼は学生時代はさほど有名な選手ではありませんでしたが、プロ入り後はめきめき力を伸ばし、Jリーグの試合に出るようになり、今はあっという間に日本代表の中でも特に欠かせない重要な選手になりました。

しかも、年齢もまだ若く将来性も期待されます。
長友選手に限らず、今は海外で活躍する日本人サッカー選手が急増しました。
なぜ昨今の選手が海外で活躍できるようになったかというと、技術面の向上もさることながら、怪我に対する対応やメディカル対応の充実など身体面のケアが劇的に改善したことが挙げられます。

特にサッカー選手は試合中に相手を競りあったりグラウンドを走り回るので、体つきも屈強になります。
サッカー選手は多くが体脂肪率も低く、長友選手も例外ではありません。

中には、キャンプの期間に選手の体脂肪率を測定し、チームが定めたノルマの数値を守っていない選手は食事制限をしたり試合に出さない等の厳しい対応をとっているチームもあります。

必ずしも体脂肪率が低ければ低いほどいいというわけではありませんが、身体の自己管理ができない選手はプロではないという厳し評価が下されます。

昔は体重計で体重を測るだけで、脂肪率を測る器具さえ簡単に手に入りませんでした。
しかし、今は薬局に行けば簡単に器具を買うことができます。
体重だけで安心せず、脂肪率もチェックすることをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ