体脂肪率3%を目指すアスリートの生活習慣に学ぶ、体脂肪率の落とし方

体脂肪率とは、動物の体内に含まれる脂肪の重量の割合のことです。
一般的に男性の場合、この体脂肪率の適正値は14~20%と言われ、25%を超えると肥満とみなされています。

筋肉を鍛えることで体脂肪率は下がり、プロのアスリートなど限界に挑む人たちの中には体脂肪率が一けた台の人もいます。
有名人や有名アスリートの中には体脂肪率3%を誇る人もいて、筋トレやダイエットに関心のある人の中でしばしば話題にもなります。

一般的には体脂肪率3%というのは危険な値だと言われていて、有名人や高名なアスリートのように体調の管理をする専門家が近くについていない場合はその値を目指すのは困難です。

ただ、その人たちのトレーニングや生活習慣をある程度真似ることで、体脂肪率を下げて筋肉の量を増やすことは可能です。
肥満が気になる人はまずは上述した適正値を目指してダイエットを行いましょう。

体脂肪率を落とすには有酸素運動が効果的です。
ウォーキングやジョギング、水泳などは脂肪に酸素が取り入れられやすく、手軽に行えるスポーツとして人気でもあります。

また食生活からの改善も可能です。
体脂肪率を極端に下げたいアスリートの方々は、低カロリー高たんぱくの食事をとるように心がけています。
また、食事と食事の間を長く開けないようにすることが一つのコツです。

飢餓状態になると身体の自然防御反応で脂肪を蓄えようとしてしまうので、お腹がすきすぎないように適切な量を規則正しく食べることで余分な体脂肪が溜まりにくくなります。
日に食べたものとその時間、行った運動とその時間を記録することで継続して体脂肪率の減少に取り組めるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ