体脂肪率計算式は、自身でも簡単に計算することができます

体脂肪率は、人間の体内に含まれる脂肪の重量の割合のことで、標準値は男女・年齢により異なってきます。
体脂肪率の測定は色々な方法があるだけでなく、体脂肪計が開発され家庭でも測ることが可能となっています。

また、実は自身で計算することもでき、体脂肪率計算式は、身長×身長×22=標準体重を先ず求め、(実際の体重-標準体重)÷標準体重×100=自身の体脂肪率となります。
体脂肪率の適性値は、男性で30歳未満の場合は14パーセントから20パーセントの間、30歳以上は17パーセントから23パーセントの間です。

女性は、30歳未満は17パーセントから24パーセントの間、30歳以上の場合は20パーセントから27パーセントの間であり、数値を超えてしまうと肥満に該当します。
女性の方が適性値が高めなのは、体脂肪の種類の違いの他、妊娠や出産のため骨盤周りの皮下脂肪を厚くしているからです。

体脂肪率は低い方が良いのではと思われがちであるものの、低いと風邪を引きやすくなったり、感染症に罹りやすくなってしまいますし、女性の中には生理不順を見られることがあります。

体脂肪は細胞やホルモンを構成し、体温の調節や内臓を守るだけでなく、エネルギーを蓄える働きを有しているため、適度な量を維持することは、健康の増進につながります。
体脂肪率が重視されてきたのは、健康に良くないのは肥満だけでなく体内に脂肪が多く蓄積していることも影響しているのが解明されたからです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ