糖尿病から子供を守るには体脂肪率の管理が有効です

生活習慣病のリスクから子供達を守るためには、体脂肪率の管理が重要です。
糖尿病患者数は増加の傾向がみられ、小児をはじめとした若年層にも増えているのが近年問題視されています。
糖尿病を大きく分類すると、1型糖尿病と2型糖尿病があります。

1型糖尿病は、インスリン依存型糖尿病と呼ばれる場合もあります。
免疫の異常が関係していることが多く、生活習慣によるものではない糖尿病です。
健康管理によって発症リスクを軽減できるのは、2型糖尿病です。
2型糖尿病は、インスリン非依存型糖尿病とも呼ばれる場合もあります。

インスリン非依存型糖尿病は、肥満によって発症リスクが高くなる病気です。
遺伝的な要素も関係しますが、慢性的な運動不足や食生活の乱れが大きく関わっています。
小児糖尿病と言えば1型糖尿病が多かったのですが、近年では2型糖尿病も増えています。

なお、アメリカなどの先進国では、2型糖尿病が多い傾向がみられます。
日本でも食生活が欧米化しているため、2型糖尿病発症のリスクも高まっているのです。
しかし、このような病気から子供達を守ることは可能です。
健康を守るためには、第一に健康状態を正確に知ることが大切です。

人気の体脂肪計には、子供の体脂肪率を計測できるタイプがありますので、このタイプなら家族全員の健康を把握し、健康を維持に役立てられます。
注意すべき点は、男児と女児では適正範囲に違いがあるということです。
体脂肪計なら、性別や年齢を考慮した体脂肪率を知ることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ