体脂肪率を減らしてシックスパックを手に入れよう

引き締まった腹筋を表す言葉としてシックスパックというものがあります。
腹筋が六つに割れることからこの名前が付きました。
この腹筋を手に入れるためには、腹筋を鍛えることが重要ですが、それに加えて筋肉が表に出るためには脂肪を落とすこと、すなわち体脂肪率を下げなければなりません。

ここでは体脂肪率を下げる方法をあげていきます。
まずは長期的な計画を立てます。
1、2ヶ月では体脂肪を減らし、筋肉をも減らしてしまい、ただ単にダイエットを行っただけになってしまいますので、1年を最低期間として考えます。

体脂肪を減らすことで重要なのはもちろん食事です。
インシュリンを安定させるために、一日に6回、小さな食事にします。
必須脂肪酸、質の高いタンパク質、グリセミック指数の低い炭水化物をとります。
必須脂肪酸はオメガ-3とオメガ-6になり、豆や穀物、ナッツ類に含まれています。

グリセミック指数とは炭水化物が消化されて糖に変化する速さを相対的に表すもので、食物の掛け合わせにより上がったり下がったりします。

脂質や食物繊維がこの指数を下げる働きがあります。
食物繊維には食べ物のカロリーをエネルギーとして利用することを促進するので、意識して取ることにします。

筋肉の損失を抑えるプロテイン、筋肉同化作用を促進するクレアチン、グルタミン、HMBなどのサプリメントも合わせて摂取していきます。
後は正しい腹筋のトレーニングを行っていけば、シックスパックを持つ体も夢ではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ