効率よく燃焼をさせないと体脂肪が減らない為、瞬発的な運動よりも有酸素運動を取り入れる必要があります

体脂肪という言葉は今では当たり前のように聞くようになりました。
体脂肪と聞いて正確に答えられる人も多くなってきたと思います。
ダイエットにチャレンジしている人や過去にしていた人などは体脂肪についてもある程度知識として持っていると思いますが、まず体脂肪とは体内に蓄積されている脂肪の事です。

これは年齢が高くなるにつれてきをつけていないとつきやすくなっていきます。
昔は体重が思いイコール肥満と言われていましたが、最近では体内の脂肪が多い状態も肥満と言われており見た目は痩せているのに体脂肪率が高い人の事をかくれ肥満などと呼んだりしています。

最近では手軽に自宅で体重計などで体脂肪率やBMIなどが確認できるので便利になりました。
そこで見た目は普通でも体脂肪率が高いと気になるので、運動や食事制限をしても体脂肪が減らないと思っている人も少ないと思います。

ついてしまった内脂肪を減らすためには脂肪を効率よく燃焼させなくてはいけません。
最近では体内脂肪を燃焼させるサプリメントや飲み物なども増えています。

体内脂肪に効果的な運動は瞬発的な運動よりも有酸素運動が効果的とされおり、有酸素運動とはゆっくりと長時間できる運動の事でたとえばジョギングやプールでゆっくりと長時間体を動かすことが効果的とされています。

有酸素運動は長時間動くためとてもお腹がすくためせっかく運動を沢山しても食べ過ぎてしまう事があるので、有酸素運動後の食事には注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ