体脂肪を落とす運動には、有酸素運動が効果的です

体脂肪がない体作りを若い時も年齢を重ねてからもしていきたいですよね。
体脂肪を落とす運動で良いとされているもので代表的なものは有酸素運動と言われています。

主な運動はウォーキングやジョギング、サイクリングそして水の中で体を動かす水泳が代表的な有酸素運動です。

早く体脂肪を燃焼させたいからといって沢山体を動かすのは逆効果で、有酸素運動とはゆっくりと動いていても呼吸が楽で長時間運動できるくらいの動きの事で、ゆっくりと体を動かす運動は一見効果がないように感じますが糖質と脂質の両方を利用して人は運動するのですが、激しい瞬発的な運動には糖質を多く利用して動き、脂質を減らすためには軽めの運動を継続的に行うことが効果があると言われています。

人は運動をして脈拍や呼吸が早くなると実は酸素の接種率が下がり、脂肪の燃焼を悪くするので、目安としては脈拍は60秒間に110?120を超えない程度の動きを必ず20分以上続け、軽く汗をかく程度がよい有酸素運動の仕方と言えるでしょう。
あとは日頃からの筋力トレーニングをして筋力をつけることがとても大事です。

筋力をつけると代謝率が高くなり普段から脂肪を燃焼しやすく脂肪がたまらない体になり、そういった基礎的な体の作りから入るのもよいと思います。
本格的な筋力トレーニングではなくても継続して続ける事が大事な事です。
自分に無理のない筋力トレーニングや手軽にできるダンベル体操などがおすすめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ