最近の体重計では体脂肪率も表示することができます

最近の体重計では、体重の他に体の脂肪率についても表示することができます。
体重計は家庭には1台はあるものですが、健康のチェックのためにはあると良いでしょう。
最近では体重計に体脂肪率が表示されるものも多くなってきていおり、一般的な体脂肪計では、両手と両足をつけるタイプと両手で持つタイプが存在しています。

これは身体に弱い電流を流し、電気抵抗を測定することで測っています。
人間の筋肉は、水分量が多いことから電気を流しやすく、また脂肪については電気が流れにくくなり、こうして電気の抵抗が小さいと筋肉の量が多いと推定することが可能になり、また同様にして脂肪が多いと電気抵抗が大きいことになります。

同じ人がこれで測っても体脂肪計のメーカーごとに数値が異なることが特色です。
アスリートはこれを正確に計測するために水中に全身を沈めて体重を測り、正確に推定をしています。
この方法ではかなり正確に推定をすることが可能です。

この他一般的なジムにおいては、体脂肪計でこの推定をしています。
正しい使い方が重要になりますが、同じ機器を使用して1日の生活の中で同じタイミングにより測ることで体脂肪率の増減の値を比較出来ます。

体脂肪率を計測することで内臓脂肪がついていないかが分かり、内臓脂肪がついていることで生活習慣病にかかる可能性が高くなるので普段の生活から調べておくと良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ