体脂肪率を下げるために腹筋を割る方法

体脂肪率はダイエットを行っている方だけではなく、普段から筋肉トレーニングなどを行って、十分に体を鍛え上げている方にとっても気になる部分です。
有名なアスリートや有名なアクションスターの方々でも毎日の鍛錬によって、10%未満の体脂肪率を維持している方も数多くいます。

その中でも単に体重と脂肪率の関係ではなく、見た目の筋肉の美しさを追求される方も多く、特に男性の場合では腹筋を割ることを目標としている方が沢山います。
どのような筋肉トレーニングを行えば腹筋を割ることができるかと言えば、やはり一般的に行われている腹筋運動を毎日欠かさずに行うことが何よりです。

その方法では、軽く膝を曲げた状態で床にお尻を付けて座ります。
足の先は何かに引っ掛けておくことが望ましいのですが、腹筋運動専用のシートなども販売されているので、機器を利用することも良い方法です。

その後はできるだけ背中を水平にして寝転ぶように地面近くに落とし、腹筋の力で起き上がる動作を繰り返します。

普段から体を鍛えている方の場合では、1度に数100回をこなすことができるようになるので、あまりに回数が増える場合では、足を固定している高さを上げることが良い方法で非常に高い効果を得ることができます。

また、道具や機器などが無い状態の場合では、いわゆるV字腹筋といって、床に仰向けで寝ている姿勢から腹筋の力で脚と上半身を同時に起こす運動を行う方法があります。
腹筋を割ることによって、体脂肪率も下げることは十分に可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ