年齢別体脂肪率の数値とダイエットについて

体重のうち、脂肪の占める割合を体脂肪率といいます。
体脂肪率は性別や年齢によってその数値は変わってきます。
年齢別体脂肪率は男女ともにその数値が上がるので、それぞれの数値を自身の年齢に当てはめて体重との比率を計算します。

同じ数値の体重でも筋肉と脂肪の比率の差で体脂肪率は変わります。
筋肉が多ければ体脂肪率は低くなり、脂肪が多ければ体脂肪率は高くなります。
体脂肪は高すぎても健康に良くありませんが、低すぎても体調に悪影響を及ぼします。

脂肪は年齢を重ねると落ちにくくなるので、食事療法や運動などで自身の体脂肪率を標準値に近づけることが大切です。
筋肉と脂肪の割合を標準値に近づけるには、医療機関で正確な比率を測定することが第一です。

現在の体重の正しい比率を知ることで、健康を維持しながらの効果的なダイエットを行う事が出来ます。
年齢別体脂肪率の数値は年齢や性別を問わず、30パーセントを超えると肥満とされるので、適切なダイエットを行う必要があります。

効果的なダイエットを行うためには、筋肉を維持しながら脂肪分だけを減らすことが重要です。
適度に運動を行うことで新陳代謝が活発になり、体内の老廃物が排出されやすくなり、脂肪の燃焼も促されるので、筋肉の発達と脂肪の減少が同時に行われることになります。

健康な生活を営むためには常に自身の体重の体脂肪率を把握し、筋肉の維持と脂肪の割合を標準値に合わせることが求められるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ