腹筋を割るためには筋肉を太くし、目安として体脂肪率が10%以下になることを目指す必要があります

腹筋が6つに割れて引き締まっている体というのは男性ならば一度は憧れをもってしまう肉体です。
まずは、この割れて見えるとはどういうことなのかを説明します。
そもそも誰でも腹筋は割れています。

ただ、その周りにある脂肪の厚さが筋肉を覆ってしまっているために、体の外側からは確認できないのです。
この覆っている脂肪を取ってやるのがシックスパックへの近道となります。

自分の体にどれほど脂肪があるのかは、体脂肪計で計測することができます。
個人によって差異はありますが、おおよそ体脂肪率が13%を切る当たりで変化が現われます。

高校生で特に特別なトレーニングをしていなくともお腹が割れている人がいるのは、基礎代謝(何もしなくとも使用されるエネルギー)が多いため、脂肪がつきにくく、体脂肪率が低いためで、成人した男性は代謝も徐々に減少していきます。

言い換えると、体が太りやすく変化してます。
そのため、意識的に脂肪を落とそうとしないとダイエットの成功は難しくなります。
腹筋を六つに割る目安として体脂肪10%以下を目指します。

しかし脂肪が少ないだけではうっすらと筋肉が見えてもシックスパックとはいえません。
はっきりと割るためには筋肉を太くする必要があり、日々の筋力トレーニングとサプリメントは不可欠な要素となります。

かっこいい体は一朝一夕に得られるものではなく、日々の努力の賜物によって獲得できるものです。
しかし見る人が見ればあなたがその体を手に入れるためにどれだけの労力をかけたかがすぐに分かる男の絶好のPRポイントとなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ