体脂肪計の原理を知って正しく測定しましょう

ダイエットに励む人たちにとって、体脂肪計は必需品です。
体脂肪を測ってはその数値に一喜一憂するわけですが、その原理を知っているでしょうか。
筋肉はたんぱく質でできています。

脂肪はもちろん脂です。
人間の体の大多数は水分ですが、たんぱく質は水分を含む一方、脂肪はほとんど水分を含みません。
水分は電気を通します。

そのことを利用して、体脂肪計は手や足に極弱い電流を流すことで体内の電気の伝わり方を測定し、筋肉と脂肪の割合を数値化しているのです。
体内の水分量は人によっても違いますし、同じ人でも汗をかいたり食事をしたりすると変化します。

体脂肪を正確に測るためには、こうした体脂肪計の原理をよく理解しておくことが大切です。
まず測定する手や足が濡れた状態だと電流の流れが乱れます。
素手や素足で測定することも大切で、測定する時間や状況を一定にすることで誤差がかなり解消されます。

体重計のように上に立つタイプなら足の幅もいつも同じにし、両足が接しているのと離れているのでは電流の流れが変わるからです。
測定値を見る時は、他人の数値と比べるのではなく、自分の以前の数値との変化を見るようにします。

電流の伝わり方が違う他人とは同条件でも数値の出方は違いますし、機器の違いによっても数値は変わるので、比べることにあまり意味はありません。
それよりも、同じ条件で測定した以前の自分の数値よりも減ったのか、増えたのかの方が大事です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ