ある程度の低体脂肪率を保つことは、病気に対しても強い免疫力を維持できるようになります

そもそも体脂肪率とは体重に対しての脂肪の割合の事を指します。
各年齢ごとに標準とされている体脂肪率があるのですが、体脂肪率の標準は年を取るにつれて増加します。

つまり年齢別に標準が定められているので、年を重ねられている方が若い方と体脂肪率を比べて、心配したり気を落とす事はありません。
また男性よりも女性の方が体脂肪率の標準が高く定められてます。

女性には妊娠を経て出産に至る大事な過程で、お腹の子を守るためであったり内臓などを保護する目的で骨盤周辺の厚く脂肪で覆っているからです。
しかし過度の脂肪を体に蓄えると生活習慣病や病気を引き起こす原因となります。

肥満については極端に肥満者が増え、それが原因で深刻な社会問題にまで至っている国もあります。
やはりそれを避ける為にはダイエットが必要になってきます。

体脂肪率一桁台と聞くとプロのスポーツ選手や体重に規制のある職業の方などが浮かびます。
彼らはトレーニングを繰り返し続けることによって筋肉量を高い値で維持し体脂肪率を保っています。

また一度筋肉量が多い状態を維持し続けるとなかなか太りにくい体になっていきます。
勿論あまりの過度の低体脂肪率は免疫力に影響が出たり、体温の維持などにも影響が出たりします。

しかしある程度の低体脂肪率ならそれほど影響もなく、病気に対しても強い免疫力を維持できることが多いです。
できるだけ太りにくい体を維持することによって健康な体作りを目指しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ