体脂肪測定をすることで体脂肪率や体脂肪量を測定することができます

体脂肪測定をすることで体脂肪率や体脂肪量を測定することができます。
体脂肪は肥満と大きな関連があるので、この計測が必要になり、肥満は体脂肪が増えて一定の状態達した事を言います。

肥満の状態は健康に大きな影響があり病気のリスクが高くなり、血管や内蔵への影響があったり骨や関節への負担もあります。
また肥満の状態になると生活習慣病になる可能性が高くなります。
生活習慣病の例は高血圧や糖尿病、高脂血症、脳卒中等が挙げられます。

生活習慣病の中で動脈硬化になると脳卒中や心臓病になる恐れもあり重大な病気になる可能性もあるので注意して下さい。
肥満の状態にならないよう体脂肪にも気をつけることが大切です。
肥満の原因として考えられるのが日常生活での食事です。

動物性脂肪、高カロリーの食品類、砂糖の多く入った飲み物やファーストフードの食べすぎ等があり、肥満の状態にならないようにするためには野菜や果物を食べることがよいとされていたり、砂糖を多くとらないようにすることが重要です。

近年では若い層でも生活習慣病にかかることも増えてきているので、見覚えの在る方は、生活習慣の見直しが必要でしょう。

食生活の他にも運動不足になると筋肉量が減っていき肥満や高コレステロールの要因になることもあります。
またカロリーを取りすぎることで体脂肪に蓄積されていきます。
特に内蔵の周囲に脂肪がつくことで生活習慣病の要因になるので注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ