生理前の時期は体重が増えたりしますが、体脂肪が増えているわけではありません

生理前に、体重が増えるということはよくあることのようです。
生理の前や生理中は、痩せにくい時期であるという話もよく聞きます。
それでは、生理前は体脂肪が増える時期なのでしょうか。

結論から言うと、生理の前の時期だからといって、体脂肪が増えるというわけではないようです。
生理の前に体重が増えることがありますが、その原因は、一般的にはむくみです。
生理の前の時期は、体が水分を溜めようとするために、体がむくみ、結果的に体重が増えるのです。

これは黄体ホルモンの影響によるものです。
ですから、体重が増えているからといって、体脂肪が増えているというわけではないのです。

しかし、なぜか生理の前の時期に、体に脂肪がついてしまう、という人もいるのではないでしょうか。
そんな場合には、カロリーをとりすぎていないか、考えてみると良いでしょう。
一般的に、この生理の前の時期は、痩せにくい時期なのです。

言い換えれば、いつもより太りやすくなってしまっているという可能性もあるわけです。
痩せにくい時期だからこそ、普段以上にカロリーのとりすぎには気をつけたいものです。
とは言っても、生理の前は体が栄養を必要とする時期です。
極端な食事制限はしないほうが良いでしょう。

また、生理の前の時期に、ホルモンバランスの影響で、精神的に不安定になってしまうこともあります。
このストレスから食べ過ぎてしまい、体に脂肪がついてしまうことも考えられます。
食べ過ぎは体にも良くないので、気をつけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ