浅田真央さんの体脂肪率と体型について

日本の有名な女子フィギュアスケーターである、浅田真央さんのシーズン中の体脂肪率は1桁台とのことです。
あのすらっとした日本人離れした体型は、女性だったら憧れる人が多いのではないでしょうか。

しかし、フィギュアスケーターの場合、重い体重ではジャンプなどもうまく跳ぶことが出来ませんし、何より滑っていても太っていては美しく見えないということがあります。

また、フィギュアスケーターなどスポーツを行う上で太ってはいけないようなアスリート達は、栄養士やトレーナーなどのしっかりした指導の下で食事制限やトレーニングを行って、体重の調整をしたり体型を維持しています。

したがって、単純に痩せようとか体脂肪率を落とそうとして、自己流で無理な食事制限をしたり、過酷なトレーニングをするのとは全く異なるものですので、一般の人が真似をしようと考えるのはお勧め出来ません。

浅田真央さんと同じ20代の女性の体脂肪率は、体重などでも異なりますが、平均して20%前後と言われています。
こうしたことから、アスリートでもない一般女性が1桁台を目指したりするのは、無謀なことだとお分かり頂けると思います。

しかし、どうしてもスリムな体型を目指したいといった場合は、無理の無い範囲でエクササイズを行ったり、無理な食事制限などではなく、スナック菓子などは出来るだけ控える、深夜の食事は避けるなどの方法を行って、浅田真央さんのようなスリムな体型を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ