体重増加によって体脂肪率減少するのは、筋肉量が増えているからです

体重増加して、体脂肪率減少ということを体験したことがありませんか。
それは間違いなく、筋肉量が増えているのです。
筋肉は脂肪より重いので、筋肉量が増えると、体重が増えます。
よくダイエットで体重ばかり気にする人がいますが、それは誤りです。

問題とすべきは脂肪の量なので、体重ばかりを気にしても意味がありません。
ですから、しっかりと体脂肪率を計れる体重計で計測して、自分の脂肪の量を把握しましょう。
体重が多少増えていても、筋肉が増えているなら問題ありません。

問題なのは、痩せたと思っていても、筋肉が減っているだけということです。
過度なダイエットを急激に行うとそういうことが起きます。
適度な食事に適度な運動。
これがダイエットするために一番重要なことなのです。

運動は、有酸素運動がお勧めです。
有酸素運動は、脂肪を燃やすことのできる運動です。
筋肉トレーニングのような無酸素運動でもいいのですが、それは脂肪を燃やすというより、筋肉をつけるということになります。

筋肉がつくと、必然的に消費カロリーが増えますので、最終的にダイエットにはなるのですが、とにかくダイエットしたいという人にはあまりお勧めできません。
それに女性の場合は筋肉がつきにくいので、やはり有酸素運動のほうがお勧めできます。

走るのが苦手ならエアロバイクなどでも良いです。
とにかく運動することが大事です。
飲んで痩せるとか、食べれば痩せるということを真に受けないでしっかりと運動しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ