体脂肪率によって肥満かどうかは決まります

体重にしめる体脂肪の割合を体脂肪率といいます。
一般的に健康とされるその値は、男性は10パーセントから19パーセント、女性は20パーセントから29パーセントになります。
これ以上になった場合を、肥満と呼ぶのです。

体脂肪率を計るのには家庭用の体重体組成計で簡単に測定することができます。
ただし体内の水分量などで変動しやすいので、食後2時間以上あけてから測定するようにします。
また毎日同じ時間に測定して変化がないかどうかを把握しておくことも大切です。

体脂肪の中でも内蔵脂肪は生活習慣病と密接に関係しており、この内蔵脂肪を計るには病院で検査を受ける必要があります。
病院では腹部のCT検査によって測定するのですが、おへその位置の内臓脂肪の面積が100㎡以上ある場合を、内臓脂肪型肥満と呼んでいます。

おなかのあたりがポコッと出てきた場合には、要注意です。
そういう人は一度病院で検査することをお勧めします。
よく風邪は万病の元といいますが、今の時代は太りすぎは万病の元というのが正しいでしょう。

なぜかというと肥満は生活習慣病を初め、色々な病気を引き起こす原因となるからです。
特に、死の4重奏といわれる糖尿、高血圧、高脂血症と共に太りすぎもその中に含まれているほどなのです。

医学的に減量が必要な症状については太りすぎも病気であると規定されているのですから、安易に考えるのはやめた方が良いです。
やせているから健康的かというとそうではなく、常に適正体重を維持することが重要といえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ