体脂肪1キログラムを減らすのに必要な消費カロリー

ダイエットで体重を減らすには、体脂肪を燃焼させなくてはなりません。
では、そのためには具体的にどのくらいのカロリーを消費すればいいのでしょうか。
一般に、体脂肪を1g燃焼するためには、7.2Kcalを消費する必要があると言われています。

つまり、体重を1kg減少させるには、7200Kcalを消費すればよいことになります。
これは、実は膨大な数値です。
というのは、平均的な成人の標準カロリー摂取量は男性で2000Kcal、女性では1700Kcalとされており、7200Kcalという数値は男性の3.5日分の食事量に相当するということになるからです。

つまり、普段の生活で消費する分とは別枠として、平均的な男性の食事3.5日分の熱量をまるまる余分に消費しないと、体重は1kg減らないのです。

別の考え方で示すと、体重70kgの人が10日間のジョギングで1kgの減量を目指す場合、1日に720Kcalを消費することを目指すことになります。
ジョギングを行った場合の消費熱量は、体重(kg)に走った距離(km)を乗じて計算されると言われています。

この式により計算すると、70kg×10kmで700Kcalとなり、体重1kg(7200Kcal相当)を減らすためには、1日に約10km以上もの距離を走るという行為を10日間も継続しなければなりません。

体重1kgを減らすために7200Kcalを消費するということが、いかに困難なことかが分かります。
巷では、楽してすぐに痩せることができるダイエット法という広告をよく見かけます。

しかし実際には、ダイエットに近道はありません。
ダイエットの成功のためには、地道な運動によって少しずつ余分にカロリーを消費していくしかなく、逆にそれがもっとも効果的で健康的な望ましい方法と言えるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ