一般的な体脂肪計の仕組みは体に微量の電流を流して測定する方法です

体脂肪計を使うと、両手で持ったり両足で乗るだけで、体重や体脂肪率を測ることができます。
特に現在は正確性かつ安全性に配慮した、基礎代謝や体年齢などまで測り取ることができるタイプも開発されています。

こうした体脂肪計の一般的な仕組みとして、BI法と呼ばれるものが採用されています。
これは生体インピーダンスの略称で、体に微量の電流を流して測定する方法です。

具体的な原理としては、まず両手もしくは両足に触れた電極において、片方の手足に触れた電極から流れた電流が、もう一方の手足に触れた電極に到達する間に、通過した体においてどれだけの抵抗を受けたかによって体脂肪率を判断するやり方です。

電流が物体を通過する時に、その物体が抵抗となることで最初と最後の電流の強さに差が生じ、その強さから体の抵抗の強弱が判断されます。

その抵抗の強弱は脂肪の大小によって左右されるため、体脂肪率を測り取ることができる、という仕組みです。
その抵抗の強弱、脂肪の大小を判断する要因は、体内の水分量です。

抵抗となる人間の体では、水分が多いと電流が流れやすい、すなわち抵抗が少なくなります。
人間の体の中で、水分が多い組織は筋肉や血管が当てはまり、少ない組織に脂肪分が該当します。

したがって、測定した電気抵抗が少なければ体内の水分量が多い、つまり体脂肪率は少なく、抵抗が大きければ脂肪が多い、体脂肪率が高いと判断される訳です。
こうした測定方法は、以前まで使っていた手法と比べて、装置が簡易で安全性が高いという利点もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ