体脂肪を効果的に減らすための主な食事方法

体脂肪を確実に減らすためには、食事制限によって栄養が偏ったり、摂り過ぎたりすることが無いようにすることが不可欠です。
体脂肪を減らしやすくする食生活の方法にはいくつか種類があり、その方法のほとんどが体の脂肪分解機能を促進させることを狙いとしたものになっています。

こうした方法の主なものとして、炭水化物・たんぱく質・脂質を4対4対3の割合で摂る、低カロリー食材を交える、低炭水化物・高タンパク質となるような摂取をする、などのやり方があります。

最初の炭水化物・たんぱく質・脂質の分量を意識した方法は、体内における脂肪分解ホルモンを分泌しやすくすることを狙いにしています。
こうしたカロリー比になるような食事を、1日に朝・昼・晩に加え、昼と晩の間と夜食との計5食に分けて摂ることで、空腹感を抑えながらホルモン分泌を促すようにすることとなります。

次に低カロリー食材について、食材によってはビタミンやミネラル、食物繊維といった消化吸収を助ける成分を含むものが多く存在します。
代表的なのが野菜類にきのこ類、海藻やこんにゃくなどの食材です。

空腹感を感じた時などはこれらを多めに加えることで、同じ量を食べる場合でもより脂肪として蓄積されにくい食生活を行うことができます。
最後に低炭水化物・高タンパク質法とは、まず最初から体内の糖質を少なくする食生活にして、脂肪を分解しやすい体質にします。

その後で血糖値が下がった時点で、脂肪を摂取することによる脂肪分解能力向上機能を促進させたり、大量の水分摂取によって脂肪を体外に排出したりする方法のことです。
これらの方法から、自分の体質に合う手法を選択することが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体脂肪

このページの先頭へ