エステでクーリングオフの制度を利用する場合、一定の条件があります

日本にはクーリングオフという制度があり、一度契約をしてしまったけれど冷静になって考えた結果、自分にとってはやはり必要ないものだったと思ったときに、一定の期間内であれば消費者は無条件で契約の解除が可能という制度です。
特に通信販売やエステを利用している方は覚えておくとよいでしょう。

例えば、サロンで高額コースを申し込んでしまったなどのケースでよく用いられています。
しかし、エステの場合はこの制度を利用する時にある一定の条件があるので気をつけましょう。まず、契約金額が5万円を超えていて契約期間が1ヶ月を超えるものという条件があります。

そして、法定の契約書面の交付から8日以内のものがクーリングオフの期間となります。
成立した場合は、例え契約を結んでいたとしても何もなかった状態になり、すでに支払った代金は全額返金されます。

もし、契約の際に化粧品や健康食品などの商品を受け取ってしまっている場合は、相手側の負担で商品を引き取ってもらうことができますが、自分の意志で開封してしまったものは原則的に引き取ってはもらえません。
また、損害賠償や違約金は支払う必要はないことも覚えておくと良いです。

お店によって中途解約の違約金を請求するというケースもあるようですが、原則支払の義務はありませんので、何かあった時は専門機関に相談することをお勧めします。
また、解約は電話や出向くのではなく、全て書面で行うようにしてください。
そしてこの制度を利用する際は、行政書士に相談するというのも一つの手段です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エステ

このページの先頭へ