エステは日本でも広く普及していて、利用している人は多くいます

エステティックは痩身や脱毛、美白などの全身美容術のことを言いますが、最近のサロンはリラクゼーションを兼ねているところも多く、マッサージなどを取り入れているため、疲れを癒しに訪れる利用者もいます。日本の歴史的には、明治時代に行われていた美顔術と呼ばれていた女性のフェイシャルケアが発端となっていると言われています。

サロンではフェイシャルケアやボディケアといったメニューを豊富に取り揃えていて、様々な技術を提供しています。エステに関する協会が発足したのは1996年のことですが、当時はエステというと高額でセレブが利用するといったイメージが強く、また勧誘がしつこいなどあまり良いイメージはありませんでした。

しかし、近年では各お店の価格帯も手頃な料金で提供しているところが多くなり、ほとんどのところでは初回限定のお試し料金を設定していたり、独自の美容学に対する技術を磨き提供しているお店もあり、利用する側も気軽に通いやすくなったと共に選択肢が広がり、人気の業界となっています。

ホテルや温泉施設などに併設されているところもあり、リラクゼーションを求めて利用する人も増えています。もちろん施術の内容によっては高額なお店もありますし、ブライダルエステは期間や内容によっては通う回数が多くなることもあります。また、男性のサロンも増えており、脱毛の技術を生かしたひげにこの技術を利用してケアをしているお店なども存在します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エステ

このページの先頭へ