エステとスパはそれぞれ目的が違います

癒しやリラクゼーションとして定番にもなっているエステやスパは、年齢や性別に関係なく人気が高いです。
しかし、この2つを混同して覚えてしまっていたり、具体的な内容の違いが曖昧で分からないといった人も少なからずいるのではないでしょうか。

では、一体どのような違いがあるのか、それぞれの代表的なメニューと合わせて紹介していきます。まずスパは、癒しとリラックス効果が目的となっており、手足の冷えや疲れなど、病気とまではいかない未病を緩和させて癒やすことで心身の健康を維持するためのものです。

癒しと安らぎを与えるのが目的ですから、ヒーリングミュージックや森林に水といった効果を取り入れている店が多いという点も一つの特徴で、代表的なメニューに挙げられるものは、足裏を施術するリフレクソロジーやアロマオイルにトリートメントなどのマッサージ、また、フットバスもこれに含まれます。

さてエステはというと、痩身や脱毛といった美しさを追求するのが目的です。
主な内容として、ニキビ改善や毛穴の引き締めなどのフェイシャルメニューや痩身のためのマッサージ、美白になるパックのようなメニューがあります。

更に、施術者の呼び方にも違いがあり、エステではエステティシャン、スパではセラピストと呼ばれています。どちらを選べば良いのか迷った場合、例えば痩せたかったり、肌を綺麗にしたいならエステを、疲れを取りたい場合はスパというように、自分の目的に合った方を選択すると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エステ

このページの先頭へ