お客様を惹きつけるエステ商材

エステサロンの運営には、高い技術力や専門的な知識がある事はもちろん必須ですが、エステ商材選びも重要になります。
エステサロンで扱っているローションやジェルなどの化粧品や施術に使用する設備は、家庭で使用するようなものとは違い特殊な品です。

そのような業務用のエステ商材を専門に取り扱う業者やメーカーが数多く存在しますので、業務用の化粧品を選ぶ際は必ずサンプル品を取り寄せて、使い心地を確認する事を忘れてはいけません。

また、ブランドや流行に流されたエステ商材選びをしていては、お客様へ納得のいく説明が出来ないだけでなく、自信をもってお勧め出来なくなります。
サロンで売りにしているコンセプトに沿った化粧品を選ぶ事で、他店との差別化を図り集客効果を得られるのです。

化粧品が決まったら、サロンで使用する前に手際よく作業できるように使い慣れておくことも重要でしょう。
そして、お客様が体感した後に興味を持っていただけるよう、メリットとデメリットを伝えられるようにします。

更に、他社製品との違いを明確にして差別化を図るので、お客様にとって「サロン限定」という特別感は気持ちを惹きつける大きな要因となります。
ホームケア用に化粧品の購入を希望するかも知れませんが、執拗な勧誘は逆効果になりやすいので、サンプルなどを用意しておくと喜ばれるでしょう。

エステ商材はサロンの顔と言えるほど、その良し悪しで店のイメージを左右してしまいます。利益を求めるよりも使用感や特色で決める事で、サロンのブランドが確立するのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エステ

このページの先頭へ