リンパへの刺激を与えるタイプのエステについて

エステとはマッサージ、道具を使った施術などによって全身あるいは部分的に刺激を与えることで、外見の美容効果を図る方法の1つです。

こうしたエステにはいろいろな手法による施術が挙げられますが、その中の1つに全身を流れるリンパへの刺激を与えることで、体内の機能を刺激して改善を図る、という方法があります。

もともとリンパとは体内で発生した老廃物を運搬する役割を持っていて、この役割が鈍ると全身に老廃物が溜まりやすく、たるみなどの基が発生しやすくなります。
この組織へ刺激を与えることで、全身に溜まった老廃物の排出を促して全身の機能改善を呼び、結果的に美容効果を期待できる点がこのタイプの利点とされています。

こうしたリンパの組織を刺激するエステは、西洋医学の考え方によって誕生したと言われており、一般的に手を使ったマッサージによる施術が行われるケースが多いとされています。
組織は特に首周辺や脇、股関節周辺に集まっているため、それらの付近への施術が行われることになります。

施術の際は民間資格の取得が必要となっているため、通院を希望する際の施設選択では、その資格取得や実績の状況を調べることも1つの方法とされています。
また自らその組織や体調の状態を調べるセルフケアが可能とされている点も特徴の1つに挙げられています。

浴槽の中などの保温・リラックスが可能な環境下で、腹部などをつまむ・揉むなどの刺激を与え、自らその効果を実感することで状態の良し悪しを測るということも可能な手法とされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エステ

このページの先頭へ