ドライアイや眼精疲労、目の下のクマにも有効な眼球エステとは

目を酷使する仕事に従事している方や、ドライアイ、眼精疲労、染みついてしまったような根強いクマに悩んでいる方にお勧めしたいのが、今話題の眼球エステです。
眼球エステとは、特に目の周りの症状改善に特化した施術方法で、不純物を含まない動物性のバターオイルを40度前後に温めたものを使用します。

施術前にはメイクを落としておき、目の周りに小麦粉を主原料とする生地を使って、オイルをためる土手のようなものを作ります。
そしてその土手の中に温めたオイルを流し、オイルがこぼれないようにコットンなどで固定します。

オイルが全て流し終わったら、ゆっくりと目を開けてオイルを眼球に浸透させるように瞬きをします。
このバターオイルが目に染みると言った心配はなく、体温程度に温めたオイルは眼球に優しく触れる間に、オイルに含まれるビタミンやドライアイ防止に効果のあるヒアルロン酸がじんわりと浸透して、疲れた眼球に働きかけます。

サロンにもよりますが、このオイルの温度が下がってくると、同じ作業を2、3回繰り返し、眼球に付着した汚れをしっかりと取り除くとともに有効成分をしっかり浸透させていきます。
そして最後は、オイルの中でゆっくり目を閉じてしばらくまぶたと眼球を休ませた後、眼球エステ終了となります。

目の周りの皮膚に残ったバターオイルを使用して目の周り、こめかみ、頭皮、耳の周りなどをマッサージし血行を良くした後は、充血も取れて視力がアップしたように視界がはっきりします。

顔や目の周りはエステでほぐせても、なかなか眼球そのものの疲れを癒せる方法はなく、このエステはとてもお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エステ

このページの先頭へ