メディカルエステとはどのようなものか

エステティック、いわゆるエステは古くからある美容術で、脱毛や痩身術、美白をはじめとして全身の美容のことを言います。
日本でも現在ではエステは当たり前の行為になっています。

フェイシャルを中心に国民の美意識の高まりと所得にある程度ゆとりが出てきた為、盛んに取り入れるようになりました。

エステの施術を行うエステティシャンは国家資格を有している必要はなく、エステティックサロンで独自に教育を行う方法や複数ある民間資格を取得して施術を行っているのが現状です。

サロンや人によって技術差がうまれてしまうので、効果に満足できない場合も多いです。
そこで、最近注目されているエステにメディカルエステといわれるものがあります。
メディカルエステとは、それまで医師が入ることのなかったエステの分野に医師が入り、医師の監修のもとで施されるエステを指します。

医師が監修しているのでエステではそれまで使用することができなかった、医療用レーザー治療器や薬剤の使用などを行うことが可能となり、高い効果が実感できるでしょう。
エステというよりは治療という表現が当てはまり、最初のカウンセリングで症状や悩みを聞き1人1人に合った治療法を提案し進められます。

エステ後にトラブルが起きた後のアフターケアも充実しているので、はじめての人でも安心して施術を受けられます。
セルライト破壊などの痩身や脱毛、美白、しみしわの治療、ニキビの治療などさまざまな施術を行うことができ、悩みの解決を図れるエステ分野です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エステ

このページの先頭へ