イギリスでは約4人に1人が肥満の状態にあり、政府は実にさまざまな対策を打ち出しています

太っている人が多い国と言えば真っ先にアメリカを思い浮かべるものですが、実はイギリスでも肥満が増加しており、おおよそ4人に1人が肥満の状態にあります。
太り過ぎはさまざまな病気の原因になるだけではなく、医療費がかさめば国の財政をも圧迫しますから、事態は深刻です。

「イギリスでは約4人に1人が肥満の状態にあり、政府は実にさまざまな対策を打ち出しています」の続きを読む

カテゴリー:肥満

肥満問題は、世界のあらゆる所で深刻化しています

世界には飢えや栄養失調が問題の国や地域もあれば、肥満問題が深刻化している場所も多くあります。
アメリカ合衆国でも肥満は深刻な問題で、政府は正しい食事の重要性を認識させる教育に力を入れています。

「肥満問題は、世界のあらゆる所で深刻化しています」の続きを読む

カテゴリー:肥満

近年、小学生の肥満が増えており、改善するには食生活の見直しが大切です

近年、小学生の肥満が増えています。
学校の健康診断で肥満度が高い場合には、医師の診察を受けるように紙が渡されます。
体重が多い場合は、身長も早く伸びる傾向があり、しかし、身長も伸びているからと安心できないのが小学生の肥満です。

「近年、小学生の肥満が増えており、改善するには食生活の見直しが大切です」の続きを読む

カテゴリー:肥満

うつ等の精神疾患と肥満の外見的な特徴や生活環境は密接にかかわっていると言えます

肉体的な健康の大敵でもある肥満ですが、実はうつにも関係しています。
肥満そのものは肉体的に血流の流れをどろどろにしてしまい、血液が循環し辛くなってしまうのです。
その結果、脳に行くはずの酸素や栄養分が届きづらくなります。

「うつ等の精神疾患と肥満の外見的な特徴や生活環境は密接にかかわっていると言えます」の続きを読む

カテゴリー:肥満

肥満になるメカニズムとそれに関連する肥満症の治療

人間には基礎代謝というシステムがありますが、人間は運動していなくても、代謝でエネルギーを使っています。
運動している時は、体の全身の動かすエネルギーが必要な為に、運動用のエネルギーを消費することになります。

「肥満になるメカニズムとそれに関連する肥満症の治療」の続きを読む

カテゴリー:肥満

内臓肥満は、様々な生活習慣病の原因になるため早めに落とす事が大切です

内臓肥満と言うのは現代に生きる多くの人が悩んでいるものです。
根本は消費エネルギーと摂取エネルギーの差によって起こるものですが、人間は年を取るとともに代謝機能が大きく下がるので、若い頃と同じような食事をしていては肥満は避けられません。

「内臓肥満は、様々な生活習慣病の原因になるため早めに落とす事が大切です」の続きを読む

カテゴリー:肥満

肥満判定には、BMIとウエストの測定が行われます

現在のところ、肥満判定にはBMIとウエストの測定が行われています。
BMIはキログラムで量った体重をメートルで測定した身長の二乗で割ります。
例えば身長が150センチ、つまり1.5メートルで体重が50キログラムの場合、50を1.5の二乗の2.25で割って、割り切れませんがBMIはおよそ22.22と求められます。

「肥満判定には、BMIとウエストの測定が行われます」の続きを読む

カテゴリー:肥満

肥満自体が遺伝するわけではなく太りやすい体質が伝わってしまうのです

太った体型をしている両親を持ったり、どちらか片親でも太っている場合にはその子供は将来肥満になりやすいという噂を聞いたことがある方も多いと思いますが、実際にはそのようなことはあるのでしょうか。

「肥満自体が遺伝するわけではなく太りやすい体質が伝わってしまうのです」の続きを読む

カテゴリー:肥満

肥満指数の一つであるBMIの概要と最も重要なこと

肥満指数の一つに、BMI(ボディマスインデックス)という指標があります。
これは、見た目が太っている、あるいは痩せているなどの指標ではありません。
健康であるかどうかの判断基準に使われます。

「肥満指数の一つであるBMIの概要と最も重要なこと」の続きを読む

カテゴリー:肥満

妊娠中は2人分食べた方が良いとされてきましたが、現代は食べ過ぎによる肥満の問題があります

昔から妊娠すると母体から子供に栄養を与えなくてはならなくなるために、食事を2人分食べる方が良いといわれていました。
しかしこれは現代では間違いです。

「妊娠中は2人分食べた方が良いとされてきましたが、現代は食べ過ぎによる肥満の問題があります」の続きを読む

カテゴリー:肥満

このページの先頭へ